• 障がい者枠での派遣登録、メリットとデメリットを知ろう!

    2024年1月24日

    今日は就労移行支援事業所の利用さんたちの会話で、よく耳にする「障がい者枠での派遣登録ってどうなの?」というお声。その疑問に対してのメリットとデメリットについて調べてみました。

    ​◆メリット

    1.企業の理解とサポート: 障がい者枠で取り扱いのある企業は、障がい者の方の特性やニーズをよく理解しています。そのため、職場環境の適応や必要なサポートをしっかりと受けられるでしょう。

    2.様々な職場を経験: 短期間で様々な業界や企業の体験ができるので、自分に合った仕事内容や職場環境を見つける良い機会となります。

    3.柔軟な働き方: 勤務地や時間、期間などを選べる場合が多く、自分の生活スタイルや健康状態に合わせて働くことが可能です。

    ​◆デメリット​

    1.雇用の安定性に欠ける: 派遣は基本的に一時的な雇用形態なので、長期的な安定は期待しにくいです。契約の更新が難しい場合も。。。

    2.制限された福利厚生: 正社員と比べて、派遣社員の福利厚生は限られることが多いです。健康保険の適用や退職金など、詳しくは派遣会社に確認が必要です。

    3.明確なキャリアパスの欠如: 短期間での勤務が多いため、長期的なキャリア形成が難しいことも。

    障がいを持つ方が仕事を選ぶ際、一つの選択肢として派遣登録を考えるのは良いことですが、その上でしっかりとメリットとデメリットを理解した上での選択が大切です。

    ラレコルト高松瓦町では、利用者さんたちの就職活動を全力でサポートしています。11月1日付けでまた1名就職が決まりました。障がい者枠の派遣登録に関する疑問や不安も職員と一緒に相談しながら進めていきましょう。