• ナビゲーションブックと就労パスポートの違いと使い分け方法

    2024年1月22日

    先日から、ナビゲーションブックと就労パスポートについて調べてご紹介しましたが、今日はこれら二つの違いと、どう使い分けるべきかについて調べてみました。多くの方がこれらのツールを混同してしまうので、しっかりと理解して、効果的に活用してみましょう。

    1. ナビゲーションブックとは ナビゲーションブックは、個人のキャリアや学びの履歴を記録・整理するための手帳やツールのことを指します。ここには学歴や職歴、取得資格、研修履歴などが記載され、自分の成長や変遷を振り返るための「キャリアの地図」のような役割を果たします。

    2. 就労パスポートとは 一方、就労パスポートは、障害を持つ方々が職場での支援や配慮を受けるための情報をまとめた文書のこと。具体的な障害の内容や症状、必要な支援内容などが詳細に記載されており、新たな職場や環境での適応をサポートするための重要なツールです。

    3. 二つの主な違い ・目的:ナビゲーションブックは自己分析やキャリアの振り返りを目的としていますが、就労パスポートは障害を持つ方の職場でのサポートを目的としています。

    ・対象者:ナビゲーションブックは一般的に誰もが利用可能ですが、就労パスポートは障害を持つ方々に特化しています。

    ・内容:ナビゲーションブックは学歴や職歴などのキャリア情報が中心ですが、就労パスポートは障害の詳細や必要な支援内容が記載されています。

    4. 使い分け方法 ・キャリアの振り返りや自己分析をしたい場合:ナビゲーションブックを使用して、自己の経歴や成果を整理しましょう。

    ・障害を持ち、職場での支援や理解を求めたい場合:就労パスポートを活用して、必要なサポート内容を明確に伝えることができます。 ナビゲーションブックと就労パスポート、それぞれ異なる目的と特性を持っています。自身のニーズに合わせて適切に使い分けることで、より効果的なキャリア形成や職場でのサポートを受けることができます。皆さんもこれらのツールを上手く活用し、充実したキャリアを築いていきましょう。