• 一般就労を目指す皆さんへ「ナビゲーションブック」の重要性

    2024年1月17日

    新しい職場でのスタートは、誰にとってもワクワクするもの。しかし、障がいを持つ方々にとっては、多くの不安や疑問がつきまとうものです。そんな中、あなたの一歩を強くサポートするツールがあるのをご存知ですか?その名も「ナビゲーションブック」。このブックを上手に活用することで、新しい職場での生活がよりスムーズに進められるのです。 ナビゲーションブックとは、一般就労を目指す障がい者の皆さんが、自分の特性やサポートの要望を整理・記録し、新しい職場の人々に伝えるためのツールです。このブックを使用することで、職場の皆さんとスムーズにコミュニケーションをとる手助けとなります。 では、ナビゲーションブックがなぜ必要なのでしょうか。

    1.自分の特性を知る:自分の障がいの特徴や強み、サポートが必要な点などを整理することで、自分自身をより深く理解できます。

    2.職場の理解を得る:職場の同僚や上司が、あなたの特性や必要なサポートを知ることで、より円滑なコミュニケーションや適切なサポートが期待できます。

    3.安心して就労するために:事前に職場の人たちに自分のことを知ってもらうことで、不安を減少させ、自分らしく働くための土台を作ります。

    ナビゲーションブックには、基本情報(名前、連絡先など)、障がいの種類や特徴、自分の強みや得意なこと、必要なサポートや環境、日常生活や趣味に関する情報、そして就労に対する希望やモチベーションなどの項目が含まれます。 皆さんが一般就労を目指す上で、ナビゲーションブックは大変有効なツールです。ラレコルト高松瓦町の職員と一緒に、自分の特性や希望を整理し、新しい職場でのスタートをサポートしましょう!