• 月曜の朝が辛いのはなぜ?

    2024年1月15日

    月曜日の朝を憂鬱に感じる人は多いのではないでしょうか?

    僕は比較的大丈夫なのですが・・・

    多くの人々が共通して経験する現象で、その背景にはいくつかの理由が考えられているそうです。今日はその点を調べてみました。

    ・週末のリラックスからの切り替え 週末は仕事や学校から解放されるため、自分のペースでリラックスしたり過ごしたりすることができます。そのリラックスモードから再び仕事モードに切り替えることは、心理的にストレスを感じる原因となることがあります。

    ・寝不足 週末は遅くまで起きていることが多いため、月曜日になると寝不足になっていることがあります。寝不足は気分を悪くするだけでなく、集中力や判断力を低下させる原因ともなります。

    ・仕事や学校のストレス 新しい週が始まると、仕事や学校のタスク、締め切り、問題などが待っていることを意識することで、プレッシャーを感じることがあります。

    ・週末の過ごし方 週末に適度なリラクゼーションやアクティビティを取り入れることで、月曜日の気分が向上することが報告されています。逆に、週末を非生産的に過ごした場合、月曜日の朝に後悔や罪悪感を感じることがあります。

    ・社会的な期待 社会の中で「月曜日は憂鬱」というステレオタイプが繰り返されることで、それが自己成就的な予言となり、人々は月曜日を実際に憂鬱に感じるようになることもあります。

    これらの理由から、月曜日の朝を憂鬱に感じるのは自然なことと言えます。しかし、週末の過ごし方を工夫したり、適度なリラクゼーションを取り入れることで、月曜日の朝の気分を向上させることも可能だそうですよ。