• 企業側から見たトライアル雇用のメリット

    2024年1月11日

    今日は企業側が障がい者のトライアル雇用を行う際のメリットについて調べてみました。

    1.リスク軽減: トライアル雇用期間中、企業は障がい者の働く様子を実際に見ることができ、その後の正式な採用を判断する材料として利用することができます。これにより、予期しないトラブルやミスマッチを防ぐことができます。

    2.障がい者雇用義務の達成: トライアル雇用を活用することで、企業は法的な障がい者雇用義務を達成する手助けとなります。

    3.多様性の促進: 企業内に多様性を持ち込むことで、新しい価値観や考え方が生まれ、組織の活性化やイノベーションのきっかけとなります。

    4.社会的貢献: 障がいを持つ人々に雇用の機会を提供することは、企業としての社会的責任を果たす上で非常に重要です。これにより、企業のブランドイメージの向上や地域社会との信頼関係の構築に繋がります。

    5.経済的インセンティブ: 一部の自治体や国から、障がい者を雇用する企業に対して補助金や税制上の優遇措置が提供される場合があります。

    6.スキルと能力の発見: 一見すると障害があるかのように思える人も、実は特定の分野やタスクで優れた能力を持っていることが多いです。トライアル雇用を通じて、これらの隠れた才能やスキルを発見することができます。

    結論として、トライアル雇用は企業側にも多くのメリットをもたらします。障がいを持つ人々との協力関係を築くことで、企業はより強固で、より多様性に富んだ組織を築くことができるでしょう。

    正直、香川県は障がい者のトライアル雇用を積極的に行っている企業は少なく感じます。もっと多くの企業がトライアル雇用を行ってもらいたいですね。