• 2023年のクリスマス会

    2023年12月25日

    去る12月23日のこと。クリスマス寒波ともいえるほど寒くて凍える一日でしたが、ラ・レコルト高松瓦町はそれでもめげずに開所しました。参加される利用者さんも寒い中元気よく多くの方が通所されていました。それもそのはずで、その日はクリスマスパーティーを行いました。

    午前はクイズ大会をしました。このクイズ大会はお昼のケーキ(クリスマスケーキ)争奪イベントで、内容は「みんなで考えるジェスチャークイズ~どの演技か当てろ!」と題するクイズ大会を行いました。司会者は利用者さんで、以下のようにとあるセリフがどのような演技になるか?というもので、出題者は解答する利用者さんが持ち回りで決めるので答えも誰が分からないという…結構難しいゲームでした…。

    しかし、出題する利用者さんはみな出された問題をもとに選択肢の中からそれらしいセリフをするものですから出題者も難しいところがこのゲームの面白いところです。なので、解答者も出題者もみなさんウンウン考えながら問題に取り組んでいました。内容も考えられたものばかりで、結構盛り上がりましたよ!

    出題例は以下の通りです。

    お昼ご飯はクリスマスということで、骨付鳥をいただきました。これはお肉屋さんの骨付鳥だったので結構おいしかったです。またクイズ大会の成績順に好きなケーキを争奪するという、これはラ・レコルト高松瓦町お決まりの光景ですね。

    お昼ご飯を食べた後のひとときに、わがラ・レコルト高松瓦町が誇る(?)ウクレレバンド、通称「レコバンド」によるクリスマスソングを2曲演奏しました。曲目は「きよしこの夜」と「ジングルベル」を演奏しました。6月に始まった通称レコバンドですが、ここにきて板についてきたというか、演奏に一体感があり盛り上がりました。そうすると2曲の演奏が終わると、どこからともなく「アンコール」のリクエストが。なのでリクエストにこたえて「赤鼻のトナカイ」を演奏しました。

    午後からは、最近のラ・レコルト高松瓦町で流行しているボードゲーム「人生ゲーム」で有志が集まって大盛り上がりでした。とても有意義なクリスマスパーティーでした。