• 職員によるセミナー「SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)

    2023年12月22日

    もうすっかり冬になりました。四国・香川県高松市においても本日は最低気温が3℃で、最高気温も5℃にもならないという極寒の空模様です。朝目が覚めると寒いのが確定していましたから、布団から出るのにこれだけ寒いとしりごみしそうなので、午前5時頃に起きては暖房をつけて起きた頃に暖かくなるようにしたほどでした。

    今日のセミナーは今年(2023年)最後のセミナーでした。今年最後のセミナーは職員によるセミナーでした。内容は「SSTについて」SSTとは、ソーシャル・スキル・トレーニングの略で社会で生活していくためのスキル、つまり対人関係をトレーニングするものです。社会で生活していく中で人間関係は欠かすことのできないもので、職場や家庭などで言葉づかいや接し方が変わります。人間関係(対人関係)で悩んでいらっしゃる方にとセミナーを開催しました。

    対人関係で困ること、初対面では緊張する挨拶のタイミングなど、そんな対人関係のスキルを向上させるための訓練がSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)なのです。このSSTを実際にどうやって実施するのかを実際にロールプレイングとそれに伴うディスカッションで、まずは何のお題もなしで2人が前に出てきて3分間質問をする側と答える側で話し合いました。実際に話し合いをしてみると3分間って長いものです(カップラーメンを作るときの3分は短いと感じるのに…)。そして今までそんなことをやった経験もないため質問の内容をどうしようか、出された質問にどう答えようかと悩みます。

    そこで、「話題お助けキーワード」ということで「た:食べ物」「ち:地域ネタ」「つ:通勤・通学」「て:天気」「と:冨・経済」というものを設けて初対面でも話ができるようにしてみると、話題も出やすく、同じ3分間という時間が短く感じるようになりました。

    人間においてコミュニケーションは大事です。対人関係でもちょっと工夫すれば会話も弾むものです。