• 2023年の「猫」納め!~ねこカフェ肉灸にて~

    2023年12月13日

     2023年も残すところ3週間を切りました。とはいえ、この頃の冬ときたら朝晩寒いかと思いきや日中は20度近くなり、ウォーキングも汗ばむような状況で、これだけ寒暖差で服装の管理が日ごとに難しいですね。今日は漢字の日ということで、京都の清水寺では今年の漢字が発表され、今年の漢字は「税」となりました。我が国日本は増税に次ぐ増税で大変です。みなさんは相次ぐ増税と物価高ですが、その中でも楽しいこと・癒されることで心も身体もリフレッシュ!したいものです。

     そんな癒しの方法がラ・レコルト高松瓦町には存在しています。毎月恒例ラ・レコルト高松瓦町の看板イベント(?)にもなって、利用者のみなさんからも絶大なる人気を誇る「アニマルセラピー」が本日12月12日に開催されました。いつも読まれていらっしゃる方ならばご存じのことと思いますが、このアニマルセラピーは今年から始まった「利用者さんに癒しを・・・」をもとに月一回、場所は高松瓦町の常磐町商店街にある(ラ・レコルト高松瓦町から歩いて5分少々)「ねこカフェ肉灸」さんにおじゃましてネコちゃんとたわむれてこの世知辛い世の中の喧騒ムードから解放されて、さらにネコちゃんからかもしだされる癒しを受けて元気いっぱい、勇気100倍!になるようにと開催されるグループワークであります。

     受付を済ませてばい菌対策に手洗いをきちんとして入室。お店には2つの部屋があって右側が「アクティブなネコちゃんが集まるお部屋」で、左側が「大人しいネコちゃんが集まるお部屋」と分かれます。

     入室するや否や、かわいいネコちゃんが待ってました!と言わんばかりにかけよって来ては、それぞれすわっては毛布をひざに掛けると、それが合図であるかのように複数匹ネコちゃんがかけよってきて匂いをかいだり、座り込んだり、中には眠ったり、利用者さんのことを見つめてみたり…それはもうネコちゃんの自由。

     この自由過ぎるネコちゃんを私たち人間はなぜ愛でて、「癒される~」と感じ、心も身体も洗われるような気分にさせるのであろうか。とにもかくにもネコちゃんの愛らしい一挙手一投足を見るだけでもヨシ、ひざの上に乗っかかったらなおヨシのこの「癒しの空間」はたまらなく元気にさせて、次の日からまた頑張ろうとさせる時間なのである。

     今年から始まった「アニマルセラピー」ですが、来年もまたよろしくお願いいたします。