• メラビアンの法則、利用者にとっての価値!

    2023年12月2日

    今日はコミュニケーションの重要性と、それを理解するためのツール、「メラビアンの法則」について調べました。この法則は一般事務などを目指している利用者さんたちにとってなぜ大切なのでしょうか。

    メラビアンの法則とは、「コミュニケーションにおける意味の伝達は、7%が言葉、38%が音声(トーン、音量など)、55%が非言語(体言語、顔の表情など)」というものです。この法則が示すのは、私たちが話す内容だけでなく、どのように話すか、そして身体的な姿勢や表情も大切であるということです。

    この法則を理解することは、以下の理由から非常に有用です。

    ◆コミュニケーションの理解

    メラビアンの法則を学ぶことで、他人が何を伝えようとしているかを理解するための新たな視点を得られます。言葉だけでなく、声の調子や体の動きからも情報を読み取ることができます。

    ◆自己表現の向上

    自分の言葉、声、体の動きが、他人にどのように影響するかを理解することで、自分自身のコミュニケーションスキルを改善することができます。

    ◆自信の向上

    コミュニケーションがうまくいくと、自信がつきます。自分の言葉や行動が周囲にどのように影響するかを理解することで、より自信を持ってコミュニケーションを取ることができます。

    まとめると、メラビアンの法則は、一般就労後も周りと上手くやっていくために必要なコミュニケーションスキルを理解し、磨くための強力なツールとなるのです。ラレコルト高松瓦町では事務系を目指す利用者さんたちには、この法則を取り入れて、その効果を実感していけるような訓練を取り入れていきます。