• ラ・レコルト高松瓦町 毎月恒例のアニマルセラピー

    2023年11月29日

    今年もおよそあと1か月くらいになりました。ようやく寒空がやってきまして、寝る前には布団も毛布を押し入れから引っ張り出してきて毛布にくるまりながら、その上から分厚い掛け布団をかけて万全の状態で眠っています。ところがです。この寒さは朝になると身体の芯から冷えるほどの寒さ。朝目覚まし時計の鳴る音で飛び起きたのはいいですが、布団から顔を洗うために洗面台に行くまでが大変!着替えるのもおっくうですね。

    そんな寒い寒い冬が始まりましたが、ラ・レコルト高松瓦町は「無理せず継続!」をモットーに変わらず元気にお送りしております。さて、昨日11月28日はラ・レコルト高松瓦町の利用者から絶大なる人気がある「アニマルセラピー」です。社会の喧騒の中、ストレスもたまるこの世の中ですが、そんな重苦しい毎日を動物(猫です)に「いやし」を求めて心も身体もリフレッシュしようと始めたのが今年の2月。そんな「アニマルセラピー」がラ・レコルト高松瓦町の利用者のみならず、職員の方からの絶大なる支持を得ているというものであり、今月も高松市常磐町商店街内にある「ねこカフェ肉灸」さんにお邪魔して癒されてもらおうと利用者さん有志がこぞって行きました。

    入店し、入室前の手洗いや説明などはお手の物。利用者さん各々が入室し、所定の場所へ座って掛けるとネコちゃんが寄ってきやすいという毛布をひざ元へ掛けると…途端にネコちゃんたちが寄るわ寄るわ!

    利用者さんによっては2匹・3匹と、駆け寄ってはひざ元へ行き、くるまって眠りだしたネコちゃんもいれば、利用者さんのにおいをかぎながら辺りをウロウロと回って様子見のネコちゃんも、また、ひざの上に乗ってネコちゃんの前足で利用者さんの太もも辺りをよいしょ、よいしょとマッサージするようなかわいいネコちゃんも!

    聞けばとある利用者さんによると、前回、前々回と同じネコちゃんが同じようにその利用者さんのもとへやってきてひざの上に座り込むなり、じーっと利用者さんの顔をながめたり、顔を近づけたりと・・・そんなかわいらしいネコちゃんがいたのを記憶していて、なんと、今回もまったく同じネコちゃんがその利用者さんのもとへやってきて、同じようにひざ元へ座り、じーっと利用者さんの顔をながめたり、顔を近づけたりと同じ行動をするではありませんか!

    いやあ、ネコちゃんって人の顔を覚えているんですね。ただネコちゃんの姿や動きを見るだけでも癒されるのに、そんなに眺められたり、顔を近づけたりすれば、さらに癒し度がまずものです。